南部Myeikでのミャンマー暮らし*東京ねこバー

ベイ(Myeik)南部ミャンマー日本人女性の生活♡

ここは天空の城ラピュタ!?最後は神秘的なベンメリア遺跡で感動 

 

昨晩もお家でまったり晩酌してました~♡

好きな音楽を流して、好きなもの作って食べて、身内3人だけでのんびり♡

ミャンマーにいても日本にいても結局おうち大好き人間――

BengMealea23.jpg

HMです♡

4月も終わりに迫り、家を離れる時期が近づいてきたので

我が家にいる時間を大切にしています♡

BengMealea19.jpg

昨日も弊社の熱血シェフゴリラが腕を振るって、

(※そしてやっぱりすぐ我が家に遊びにくるネズミハンター

BengMealea24.jpg

・旬のモンニェン炒め(日本語で何だっけ?)あります?

・馬蹄草オムレツ

・タイガーエビのピリ辛炒め


を作ってくれたので、

HMもおざなりに

BengMealea20.jpg

イカ(とおまけでもらったエビ)のイカ墨ショウガ炒めとラッペトゥッ(茶葉サラダ)だけ作って

ビールぐびぐび~♡

※アンダマンビール、美味しいのに1缶600ksポッキリだなんて最高

BengMealea22.jpg

ということで今日も仲良しグリーンネコチームはさておき、

今日もアンコールワット遺跡旅行日記イキま~す♡♡♡

(※前回の記事はこちら♡



さて、突然のママ緊急事態も無事に解決したところで

再び車に乗り込んだ我々が向かったのは、

BengMealea01.jpg

ベンメリア遺跡。

――実はここ、HMもママもアンコールワットの次くらいに

めっちゃ楽しみにしていた遺跡なんです。

その理由は・・・・・・

BengMealea02.jpg

分かります?

この青く苔むした壁、うねる巨木に覆われ荒廃した瓦礫、神秘的な静けさ・・・・・・

BengMealea03.jpg

まるで「天空の城ラピュタ」の世界にいるみたい!!!

樹木が這いまわり、ミステリアスに朽ちた遺跡を見ていると――

rapyutamegaimage.jpg

目がッ目がァァァァ!!!

※ストーリーは忘れた えっ?

まぁ実際にはラピュタとベンメリア遺跡は全然関係ないらしいんですが、

ジブリ大好きなHMはすっかりテンションUP♡

BengMealea06.jpg

このベンメリア遺跡は全体的に破損が激しく、

修復のしようもないほど崩れた瓦礫が積み重なっています。

BengMealea10.jpg

(↑こことか、ちょっと触っただけですぐ崩れちゃいそう・・・・・・。)

今は乾いていますが、雨季になると遺跡を覆っている苔が濡れて床が滑りやすくなるため

観光客が転んで段差から落ちたりケガをする事故が相次いだそう。

でも現在では遺跡の見どころを隅々まで廻れる桟橋のコースが遺跡内に設置されているので、

足元を気にすることなくスイスイ楽々歩けます♡

BengMealea04.jpg

実はこの日も、本当はロリュオス遺跡群の前に

こっちのベンメリア遺跡に真っ先に来る予定だったのですが、

朝早い時間帯にちょうど中国のツアー客が来てたんですって。ギャー

ということで例によってラヴットくんの天才的なネットワークと機転のおかげで、

BengMealea05.jpg

ほとんど他に人がいない時間帯に

ママとまったり2人で静かなベンメリア遺跡の桟橋を歩いて、

BengMealea07.jpg

ミステリアスな雰囲気を堪能・・・♡♡♡ほぅっ

密に生い茂った木に覆われ、原型を残さぬほど荒れ果てた遺跡が放つ圧倒的な迫力には

BengMealea12.jpg

思わず言葉を失う・・・・・・。

そして、

♪たくさ~んの灯が~懐か~しいの~はぁ~

あの~どれ~かひと~つに

君がいる~からぁぁ~♪♪


・・・・・・

BengMealea08.jpg

思わず「君をのせて」のメロディーを口ずさんでしまうーっ♡※不審者

時の流れと共に忘れ去られ、ジャングルの密林に埋もれていたこの遺跡を発見して

初めてここに足を踏み入れた人は一体どんな気持ちがしたでしょうね。

HMだったら驚いて腰抜かすと思います・・・・・・。

(※っていうか普通に観光しただけで精神的に腰が砕けた)えっ?

BengMealea16.jpg

今まで見て来た遺跡のほとんどが茶色く乾いた色をしていたのに対し、

ここベンメリアはジャングルに囲まれた木陰で湿度があるからか

みっしりと壁が苔むして全体的に青緑色をしています。

それがまた、荒廃した遺跡の神秘的な佇まいを更に美しく彩っているんです…♡

ところで、

BengMealea09.jpg

ポル・ポト派がカンボジアを支配していた内線時代、

クメールルージュ軍はこの遺跡も占拠していたそう――

BengMealea13.jpg

当時、軍の会議室に使われていたという真っ暗なトンネル状の回廊もあります。

中を通る時、声を押し殺して喋る男たちの息遣いが聞こえるようでゾッとしました。

BengMealea17.jpg

外部からの侵入を防ぐため、ベンメリアの周囲に広がる密林には

クメールルージュ軍によって大量の地雷がバラ撒かれたそう。

観光地化を受けて現在はだいぶ撤去が進んだとはいえ、

コースから外れて繁みの中に入ったりするのは今でも危険なんですって。

BengMealea14.jpg

美しく神秘的な姿でたたずむこの遺跡が

遠くない過去、男たちの暴力に晒されていたのかと思うと

なんとも言えない悲しい気持ちになりました。

BengMealea18.jpg

比較的綺麗に残っている図書館までぐるっと全部見学して、

HMもママも大満足♡♡♡

3日間でたくさんの遺跡を見学したけど、

ダントツでベンメリア遺跡が一番気に入りました♡♡♡

この日の午後は遺跡じゃないとある場所を観光しに行くので、遺跡見学はここで最後なんです。

BengMealea15.jpg

一番最後にこんな素敵な遺跡を見ることができて、本当によかった♡

色んなことがあったけど、とってもいいラストだったね♡

ということで、

無事に3日間の遺跡観光を終えたHMたち――

ベンメリアが凄すぎて忘れてましたがそろそろお昼時だったので、

近くにある観光客向けレストランに行って

roluous_lunch01.jpg

適当に野菜炒めやらパンケーキやらを食べ、

(※他には特に美味しそうなメニューが無かった)あっ

roluous_lunch02.jpg

レストランの横に併設されてる大量のハンモックコーナーに震えつつ、

(※もちろんラヴットくんも運転手もここで昼寝してた)

午後はとある場所へ・・・・・・!!

車に乗り込むなり、あからさまに面倒くさそうな顔で

「ホテルに戻りますか?次はホテルでいいですね?」

さりげなく旅程を覆してサボろうとするラヴットくんを、

「えぇ~っ、ここ行きたいよぉ~♡♡♡

通り道だからせっかくだし行ってみようよぉ~っ♡♡♡」


とまたママと2人でブリブリしてからかいつつ、※驚くほど腹黒い女たち再

行き倒れになりかけながらも3日間大充実の遺跡観光を成し遂げたHMたちが

ラヴットくんを引きずって最後の最後に向かった場所とは!?

予想外の展開はまた明日~!!!

BengMealea21.jpg
今日も腹黒いHMの観光日記にお付き合い下さり、ありがとうございました♡

HM♡

HMブログはランキングに参加中!応援クリックするとHMにポイントがINします♡
くりくりっ♡
↓↓↓①
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
↓↓↓②
にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村
↓↓↓③

ミャンマー(海外生活・情報) ブログランキングへ
↓↓↓④

海外旅行(アジア) ブログランキングへ
ベンメリア遺跡、めちゃくちゃ綺麗だったなぁ~!!!
アンコールワット遺跡群に行く予定があったら、
ちょっと郊外の場所だけどぜひ行ってみて欲しいです♡
※優秀なガイドを雇うことをお忘れなく~♡
スポンサーサイト

category: アンコールワット旅行

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://myanmartravel.blog.fc2.com/tb.php/273-25d2dd4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top