南部Myeikでのミャンマー暮らし*東京ねこバー

ベイ(Myeik)南部ミャンマー日本人女性の生活♡

操り人形ショーで大興奮!翌日はドラゴンヘッドの女子と●●観光へ 

 

突然ですが、今日から北海道旅行に出ているので

予約投稿でお送りしておりま~す♡

HMです♡

ということでいきなり本題に入りまして、

ニャウンシュエ滞在記の続きイキま~す♡♡♡

(※前回の記事はこちら♡



ハードなインレー湖ボート観光スケジュールをこなし、

疲労困憊状態の夕方――

ザバブッとシャワーだけ浴びて1時間で無理やりリフレッシュし、

ホテル近くのレストランへ!!

※↑疲労感より空腹が勝った食いしん坊ッ

nyaungshwe_unique01.jpg

こちら、地球の歩き方にも掲載されている有名店

「UNIQUEレストラン」。

ということで早速

restaurant_nyaungshwe01.jpg

YOMAの生ビールぐびぐび~♡♡♡

疲れた身体と五臓六腑に

し・み・わ・た・るッ!!!

そしてお料理もぐいぐい食べますよ、

nyaungshwe_unique02.jpg

↑ここのトウフートゥ(ひよこ豆腐サラダ)は生と揚げた豆腐をミックスしてて

サッパリなのに濃厚で絶妙なお味~♡

restaurant_nyaungshwe03.jpg

ビーフン炒め(チャーザンヂョー)も優しい味付けで鉄板の美味しさ♡

あと、暗くて写真がキレイに撮れなかったけど

インレー湖でとれた魚と野菜の香草炒めが激うまだったー♡

ここの料理は基本的にシンプルで、オシャレさとかハデさはないんだけど

なんだか安心する家庭料理っぽい感じでした♡

ということで

restaurant_nyaungshwe02.jpg

ここにもレッドマウンテンの白ワインが置いてあったので

ボトルはいりま~す♡♡♡ギャンッ

ということで思いっきり食べて飲んで満足したHMたちは

レストランから徒歩5分くらいの場所にある、

aung_puppetshow_Nyaungshwe01.jpg

パペットショーシアターへ♡

そう、せっかくなのでシャン伝統の操り人形ショーを見に来たんです♡

aung_puppetshow_Nyaungshwe03.jpg

こちらの「AUNG トラディショナル・パペットショー」では

毎日午後7時~と午後8時半~の2回、

30分の伝統操り人形ショーを見ることができます。


しかもお値段はナント

1人$5(もしくは5,000ks)ポッキリ!!!

しかもしかも、アウンさんのご家族で経営しているとても小さな劇場なので

特に予約等は必要ありません♡

夕食の後、ブラッと気軽に見に行くことができま~す♡

aung_puppetshow_Nyaungshwe02.jpg

高度な技術と経験を必要とするこの操り人形ショー、

現在「パペットマスター」としてミャンマーで認めれているのは

このアウンさん唯1人だけなんですってぇっ!!!


aung_puppetshow_Nyaungshwe04.jpg

この日はHMたち3人しかお客さんはいませんでしたが、

時間になると電気が消えてアウンさんが舞台へ上がります。

(※そしてヤンママみたいな奥さんとイキがってる感じの年頃の息子がアシスタント係)

aung_puppetshow_Nyaungshwe05.jpg

演目は色々ありますが、

録音の英語ナレーションで説明が流れるのでわかり易い♡

aung_puppetshow_Nyaungshwe06.jpg

ミャンマーの伝統音楽に合わせて鬼が踊ったり、

平民や王様、馬が踊ったり、

aung_puppetshow_Nyaungshwe07.jpg

とっても細かい動きで人形を操ります。

だって見て下さいよコレ、

aung_puppetshow_Nyaungshwe08.jpg

チンロウン(蹴鞠り)まで再現しちゃうの!!!

人の動きだけでなく、ボールの動きまで超リアル!!!

さすがパペットマスターッ!!!

aung_puppetshow_Nyaungshwe09.jpg

あと本当にすごいと思ったのは、

踊ってる人形の足!!!

aung_puppetshow_Nyaungshwe10.jpg

踵とつま先の細部が地面を蹴るタイミングまで

完全に動きを表現!!!

みっちり大充実の内容でしたが、

すっかりアウンさんの超絶技巧に魅せられて感動しまくって

あっという間の30分間でした~♡♡♡


(※ビデオもばっちり撮ってあるので、

HMの知り合いで見てみたい人は会った時にお申しつけ下さい~♡)


これはニャウンシュエ泊なら絶対に行ったほうが良いです!!

場所は――



地球の歩き方のニャウンシュエのページに載ってま~す♡

※圧倒的な地球の歩き方信者

ということで大満足の夜は更け、

HMたちもショーの後は早々にホテルへ戻って

大爆睡~。バタンキュー


さて、死んだように眠って翌朝は再びギャンッと8時半に集合!

(※頑張って早起きして集合したのに

車のドライバーが40分遅刻)
遅れてもいいから先に教えてー

という感じで早々からくじけそうになりつつ、

まずは車でタウンジーへGO♡

なぜかと言うと――

この日はカックー遺跡を観光しに行くので、

PaO_kakku_pagoda01.jpg

まずはこちらのGIC(Golden island cottages)のタウンジーオフィスで

入域料1人3ドルをお支払いする義務があるからでーす♡

PaO_kakku_pagoda02.jpg

外国人のHMとF様の2人分で6ドル、

そして少数民族・パオ族の現地ガイド代が5ドルです♡

PaO_kakku_pagoda03.jpg

ドライバーさんに「女の子のガイドでお願い~」と頼んでおいたので、

こんなキャワイイ雰囲気のパオ女子がガイドにー♡♡♡

彼女も、PNO(Pa-O National Organisation)の公認ガイドです。

この「パオ族組織のガイドをつけなきゃいけないシステム」

観光客の間では賛否両論あるみたいですが

HMは大賛成です♡♡♡

パオ族の若者が地元で働ける雇用も生まれるし、

観光客も正しくて詳しい現地情報をガイドから聞くことができるもんね♡

しかも

運が良ければカワイイ女の子が付くしね♡

ぐっふっふ♡♡♡えっ

という感じで相変わらずちょいちょいオッサン化するHMはさておき、

さっそく車に乗り込んでカックー遺跡へ向かいま~す♡

PaO_kakku_pagoda04.jpg

さて、タウンジーからカックーまでは車で約1時間くらいかかるそうなので

道中では今日のガイドのミンちゃんに質問攻め~♡

――さぁ始まりました「教えてミンちゃん」のコーナー、今日のご質問はこちら!

「なんでパオ族の女性は頭に布を巻くの?」

PaO_kakku_pagoda05.jpg

パオ族の人々は、

自分たちの祖先はドラゴンだったと信じているんです。

だから、独特の方法で頭に巻いた布は

ドラゴンの頭を表しているんです♡

ドラゴンだった時代を忘れないよう、記念として身に着けているんですね。

PaO_kakku_pagoda20.jpg

また、何枚も重ね着して下窄まりに段ができる伝統衣装は

ドラゴンの胴を表しているんですよ♡

衣装は大きく分けて2パターンで、

普段も着るミャンマー産コットンを使用した黒い衣装と、

お祭りの時に着る、タイ産ウールで作られる高価な紺色の衣装があります。


(※さすがタイとの国境近く!)

また、日常生活では伝統衣装を着ないパオ族が多いですが、

ほとんどの人が普段から頭には布を巻いて生活しています♡

PaO_kakku_pagoda08.jpg

へえ~、そうなんだぁ♡

と「教えてミンちゃん」のコーナーをお送りしているうちに

パオ族のお祭りが開催されているところに遭遇~♡

(※なんかこの日は偶然お祭りの日だったらしいです)

PaO_kakku_pagoda06.jpg

今日はお祭りだから、

皆さん正装で道を闊歩してるんですね♡

道を行くほとんどの人がパオ族の民族衣装に身を包んでいて、

不思議な光景~!!!

PaO_kakku_pagoda07.jpg

お願いしたら一緒に撮影してくれたよ♡

ドラゴンヘッドの彼女、可愛いねー♡♡♡

(※見る分にはカワイイけど、

HMはこれは着用したくないかな…)暑そう

PaO_kakku_pagoda17.jpg

お祭り会場の横に市場があったので

ついでに中をチェケラッチョ!!

PaO_kakku_pagoda09.jpg

パオ族の衣装も扱っているロンジー屋さんがあったので

たむちゃんがパオ族の男性用のズボンみたいなやつをお手に取ります~

PaO_kakku_pagoda10.jpg

お値段は7,000ksだったかな?

たむちゃんは「買う!買う!」って騒いでましたが

オメー絶対に着ねえだろ!!!

と全力で阻止したりしつつ、

その後もしばらく車に揺られること数分――

PaO_kakku_pagoda11.jpg

カックー遺跡到着~!!!

――だけど、

この時点ですでに時刻は11時40分。

HMたちは無駄に早起きして朝ごはんを食べてきていたので、

今から観光してその後にお昼ご飯とか……

絶対ムリぃ~。※お腹すくと電源がOFFになる人

ということで、見学の前にまずはカック遺跡の目の前にある

PaO_kakku_pagoda12.jpg

「Hlaing Koonレストラン」へ♡

腹が減っては戦はできぬぅ~ん♡♡♡

――意気揚々と席について

普通に料理を注文したHM達だったのですが、

PaO_kakku_pagoda13.jpg

待てど暮らせど料理が出てこない。

11時40分に入店して、すぐに注文したのに

30分以上経っても料理が出てこねえ!!!

(※途中で何度も店員に聞いても「もうすぐ来ます」としか言わない)

――次回、果たして

本当に料理はくるのか?

そして、ランチ待ちで早くも体力を消費しつつあるHMたちは

無事にカックー遺跡を見学できるのか!?

ドキドキの展開はまた今度~♡♡♡

(※北海道には2泊3日の予定なので、

戻ったら続きを更新します♡♡♡)


PaO_kakku_pagoda16.jpg
今日も体力ゼロなHMブログにお付き合い下さり、ありがとうございました♡
(※↑写真を撮ってる間じっとしていられない2人)

HM♡

HMブログはランキングに参加中!応援クリックするとHMにポイントがINします♡
ここをクリクリっ♡
↓↓↓①
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
↓↓↓②
にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村
↓↓↓③

ミャンマー(海外生活・情報) ブログランキングへ
↓↓↓④

海外旅行(アジア) ブログランキングへ
そういえば、北海道ってタイ人にめっちゃ人気なんですよ。
バンコクの友達に「北海道行ってきたよ~」ってドヤ顔で写真見せられて以来、
ずっと行きたかったんですーっ♡
子供の頃に家族旅行で行ったきりなので、
東京に戻ったらこの続きの後、北海道旅行記も書こうと思います♡
スポンサーサイト

category: タウンジー・インレー湖観光

tb: 0   cm: 0

△top

インレー湖で働く「パダウン」首長族に涙…からの猫まみれ再び!? 

 

今日の東京はとっても暑かったよー♡

陽射しもカンカンで、ミャンマーから東京に移ってきてから久しぶりに

ちゃんと生きてる感じがするーっ♡♡♡

kumachang_monohoshi01.jpg

HMです♡

↑HMがミャンマーにいた半年以上も干してもらえてなかった

我が家の愚魔太郎(ルビ:ぐまたろう)君も久しぶりの日光浴♡

(※え?リラックマじゃないのかって?

違います。愚魔太郎くんです。えっ?

これで今夜はお日様の匂いの愚魔太郎くんを抱きしめて眠れるね♡

※ずっとなんかしっとりしてた

という感じで今日も順調に意味不明なHMの日常はさておき、

元気にインレー湖ボートツアー日記イキます♡♡♡

(※前回の記事はこちら♡



インデイン寺院の長すぎる参道のせいでヘトヘトになったHM――

しかし、いつまでも休んでいるわけにはいきません。

我々は今日の1日でインレー湖の主な見どころスポットを

全て廻らなければならないのです!!!

だらだらランチ食べたりトロトロ歩いたりしてるうちに、

ハッと気づいたら時刻は15時半――

ヤバッ

ということで次に訪れたのは、こちらインレー湖の有名スポット

padaung_inle_lake_01.jpg

パダウン(首長族)の家。

HMとたむがここへ来る前、ロイコーで訪れた首長族の集落では

とてもイキイキと生活している首長族(カヤン族)の女性たちに出会い、

彼女たちの暮らしや文化を学ぶことができました♡


(※ロイコーで首長族の村を訪れた時の話はこちら♡ あとこっちもかな?

超有名観光地のインレー湖では、

一体どんな様子を見学できるのかな?

とドキドキしながら中に入ったのですが――

HMもたむもビックリして、

言葉を失くしました。

ミャンマー国内で1、2を争う有名な観光地に、

こんな場所があっていいの?

今でも思い出すと可哀想で可哀想で涙が出てきます。

padaung_inle_lake_04.jpg

この「パダウンの家」では全然写真を撮りませんでした。

慣れた調子で土産物の説明をしたり

英語で営業トークをするミャンマー人のおばさんたちと、

地べたに座って、黙って俯いて機織りのしぐさを繰り返す

一人ぼっちのカヤン女性の図が異様だった。


私たちが家の中に入った途端に、ミャンマー人の女性スタッフが

「ほら、お客さんだよ」とカヤン族の女性を機織り場所に座らせるのが見えた時、

何ここ、どうなっちゃってるのって本当に思った。

こんなに有名なインレー湖で、

なんでこんなことが未だにまかり通っているの?

彼女の横に置かれたチップボックスのお金が、

全額きちんと彼女の収入になっているとはとても思えないよ。

ロイコーのパンペッ村では、

あんなに楽しそうに家族と暮らしているカヤンの女性達なのに・・・・・・。

こんなの最悪だよ。悲しいよ。人間は見世物じゃないんだよ。

彼女はミャンマー語はちょっとしか喋れなかったけど、

写真を撮らせてもらったお礼に「テリバーナ(ありがとう)」って言ったら

びっくりした顔してました。

そこから少し世間話をしてみたら、

彼女もロイコー近くの集落の出身なんだって。

ロイコーの町にも1度行ったことがあるって言ってました。

普段は3~4人くらいのカヤン女性がここで働いているそうですが、

ちょうどHM達が行った日は他の人は里帰りしていたそうで、彼女1人きりでした。


だから余計に寂しく見えたのかもしれないし、

HM達も初めて訪れた場所だから、いつもこうなのかは知らないけど

彼女たちのここでの暮らしを思うと悲しくて、

次の場所へ向かう船の中で思わず泣いた。

padaung_inle_lake_02.jpg

今はまだロイコーが有名じゃないから、

観光客向けにカヤン族の文化を見せようとしたら

どうしてもこういう形になってしまうのかもしれないけど、

将来はもう少し健全になるといいね、って

激怒のあまり黙り込んでしまったたむちゃんとボートに戻ってから話しました。

ロイコーに行った直後にこれを見たら、

皆さんもHM達と同じ感想を持つと思います。


padaung_inle_lake_03.jpg

「パダウンの家」の船着き場にいた少年たちと仲良くなれたのが

ちょっとだけ救いかな♡

――とすっかりたむちゃんは深刻モードだしHMも完全にブルーな状態ですが、

本日最後の観光スポット

ガペーチャウン、通称「ネコ僧院」に到着!!

cat_temple_inle_lake01.jpg

以前はここの老僧がネコの芸を見せてくれたことからこう呼ばれているそうですが、

今はそのお坊さんが亡くなってしまったためもうショーは見られないそう。

でも、猫ちゃんと触れ合うためだけに立ち寄りましたー♡

ネコちゃん、どこかな~?

cat_temple_inle_lake02.jpg

早速1にゃん発見~♡

からの~、

cat_temple_inle_lake03.jpg

2にゃ~ん、3にゃ~ん、4にゃん5にゃん♡♡♡

――今回はこの猫僧院をよく知るF様が

日本から激うまキャットフードを持参してきているので、

cat_temple_inle_lake05.jpg

ネコちゃんに餌付けタイム~♡♡♡

それまでは涼しそうな場所でゴロゴロしてた猫ちゃんたちも

マグロとかささみとかの美味しい日本猫食の匂いを嗅ぐなり、

cat_temple_inle_lake04.jpg

にゃんだ⁉ にゃんだこの芳しい匂いは!!??

と反応して

cat_temple_inle_lake07.jpg

わらわら群がってきま~す♡♡♡

いや~ん、

cat_temple_inle_lake08.jpg

ネコまみれ~♡♡♡

ちょうどお腹がすいていたのか、日本猫食が美味しいのか、

みんなめっちゃガツガツ食べます♡

cat_temple_inle_lake11.jpg

F様やHMやたむが猫にエサをあげているのを見て、

近くに座っていたベトナム人のグループが

「すごい、そのエサ持って来たんですか?

どうしてここに猫がいることを知ってるのー?」


と話しかけてきたので、

cat_temple_inle_lake19.jpg

皆で一緒に餌やりタイム~♡

(※可愛いベトナム女子もいたのでF様ドヤ顔)キラッ

持ってきたエサが終わってしまってからも、

cat_temple_inle_lake10.jpg

「次はお前か?お前がエサくれんのか?」

「いや、」

cat_temple_inle_lake13.jpg

「さてはお前だな?隠してないでエサ出せや」

となかなかその場を離れようとしないので

引き続きふわふわの猫ちゃんたちをお触り~♡♡♡

cat_temple_inle_lake14.jpg

「こんなんじゃ足りねーぞ」

「オイお前、ジャンプしてみろよ。」

cat_temple_inle_lake12.jpg

「まだあんだろ?出せや」

迫りくる猫ちゃんと戯れて大満足♡

疲れも吹っ飛んだし、たむもHMも明るい気持ちになれました♡

cat_temple_inle_lake09.jpg

ネコちゃんたち、ありがとう~♡♡♡

ということで再びボートへ乗り込み、

ニャウンシュエの町へ戻ります♡

cat_temple_inle_lake15.jpg

太陽は依然として元気いっぱいで西日が凄かったけど、

疲れすぎてたので帰り道はボートに揺られながらウトウト・・・。

そういえば、この日インレー湖にいる間ずっと思ってたけど

cat_temple_inle_lake17.jpg

湖上に浮かぶベイダー(ホテイアオイ)がキレイだった♡

ベイダーは、どんな波に晒されても、どんな雨にもみくちゃにされても

力強く繁栄して、キレイな青紫の花を咲かせるんです。

そのせいで害草として嫌われる場合もあるけど、

HMはベイダーのお花、好きだなぁ・・・♡

ということで、風に吹かれながら黄昏の湖を進み

17時半にはニャウンシュエの船場に帰着~♡

――こうして紆余曲折を経つつも

無事にインレー湖ツアーを終えたHM達。

しかし、

ニャウンシュエの長い夜はまだまだ終わりません!!!

早朝から全10時間半にも及ぶボートツアーをこなし

疲労しきったHM―― (※途中で休憩しまくってただろーが‼!)

憔悴しきって萎びたナスのような状態のHMが

果たしてどこへ行くというのか⁉

そして翌日も真面目に観光できるのか!?

続きはまた明日~♡♡♡

cat_temple_inle_lake20.jpg
今日も展開が激しいHMブログにお付き合い下さり ありがとうございました♡

HM♡

HMブログはランキングに参加中!応援クリックするとHMにポイントがINします♡
ここをクリクリっ♡
↓↓↓①
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
↓↓↓②
にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村
↓↓↓③

ミャンマー(海外生活・情報) ブログランキングへ
↓↓↓④

海外旅行(アジア) ブログランキングへ
体力なさすぎて「疲れた~疲れた~」ってそればっかり書いちゃったけど、
本当に楽しかったしめっちゃいい経験だった!!
(※でもなんで皆ボートに屋根がないのかな?
ちゃんとした屋根だとエンジンに負担かかるかもしれないけど、
竹竿立てて布張るだけでもいいから、
同情するなら屋根をくれっ!!!)えっ?

category: タウンジー・インレー湖観光

tb: 0   cm: 2

△top

長すぎる参道とストゥーパの大群!インデインパゴダで精神離脱 

 

今日は日曜日ですね♡

去年からずっと見たかった「ズートピア」を今更DVDで見たんですが、

ナマケモノのシーンで大爆笑!!!

Hpaung_Daw_U_Pagoda10.jpg

HMです♡

超スローなお役所仕事っぷりがミャンマーそっくりでマジ笑えるので、

まだ見てない人、「ズートピア」ぜひ見てみて~♡

ということで、

諸事情によりインレー湖ネタを早く終わらせる必要に迫られているため

今日もさっさとインレー湖ツアー日記の続きイキま~す♡

(※前回の記事はこちら♡



さて、「前代未聞の海老カレー8,000ks事件」に見舞われ、

ショックのあまり心がくじけそうになったHM達――

しかし、そんなことを言っていると日が暮れてしまうので

自らを奮い立たせて再びボートに乗船!!

午後一発目はこちら、

Hpaung_Daw_U_Pagoda01.jpg

ファウンドーウーパゴダ!!!

(Hpaung Daw U Pagoda)

インレー湖でも有名なパゴダで、

パゴダ下の広場ではお土産の市場が開かれています♡

(※ここでお土産を買いたい外国人が困らないよう

外貨両替のできるKBZ銀行が支店出してた)
どんだけー

Hpaung_Daw_U_Pagoda02.jpg

観光地の商魂に震えつつも

早速パゴダに登ってみましょう~♡

(市場などの敷地内は靴OKですが、パゴダへの登り口周辺からは土足厳禁♡)

Hpaung_Daw_U_Pagoda05.jpg

上に登ったからって別に眺めはそんなによくないですが、

ここのメインは何と言っても――

Hpaung_Daw_U_Pagoda04.jpg

「金箔を貼りすぎて団子状になっちゃった仏像」。

そう、このファウンドウーパゴダは

この「金箔団子仏像」があることで有名なんです♡

Hpaung_Daw_U_Pagoda03.jpg

人々が信仰と祈りを込めてこの仏像たちに金箔を貼りまくった結果、

元の仏像の形状がわからなくなってしまったんだって~。

女性はこの仏像の近くには入れないので、皆遠くから拝んでいます♡

Hpaung_Daw_U_Pagoda06.jpg

たむちゃんは男性なので壇上にあがり、

せっかくなのでF様が買った金箔をちょっと分けてもらって

PUT金箔ON~!!!

Hpaung_Daw_U_Pagoda07.jpg

この金箔団子仏像はこのファウンドウーパゴダのシンボルなので、

壁にも丸くて可愛い仏像のシルエットが♡

年に1度のお祭りではこの金箔団子が船に乗ってドンドコやるらしいで~す!

ということで次!

――午後の太陽はいよいよギンギンに照り付けてきて、

Hpaung_Daw_U_Pagoda08.jpg

フト見上げたら空がこんなことに!!!

※雲を突き抜けてここまで輝く太陽

屋根なしボートの上の我々は今にも干からびそう…。

と灼熱地獄に喘ぎつつ、

paper_factry_inle_lake01.jpg

紙細工工房に到着~♡

女の子たちが紙の原料となる木の繊維を叩いている様子が見学できます。

paper_factry_inle_lake02.jpg

ノート、メモ帳、行灯、傘、扇子など

紙細工のお土産もばっちり売られていましたー♡

paper_factry_inle_lake04.jpg

工房の横にも生えているこの木の皮を液でふやかして、

木のとんかちでドンドン叩いて繊維をほぐして紙の材料にするんだって♡

ということで、

paper_factry_inle_lake06.jpg

職業体験~♡♡♡

あんまりHMが楽しそうに叩くので、たむが

「この人、このままここに置いて行っていい?(笑)」

とか言って店番のお姉さんに笑われたりしつつ、

paper_factry_inle_lake03.jpg

紙の傘がめっちゃオシャレ~♡♡♡

ということで次!

またボートに揺られつつ、フッと空を見上げると

Hpaung_Daw_U_Pagoda09.jpg

やっぱりこんなことに!!!

※マジで陽射しがヤバいので、

HMはパーカー2枚+折りたたみ傘でガードしてた

という感じで到着しました、

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake03.jpg

インデイン寺院!!!(Shwe Indein Pagoda)

ちなみに、この近くでも五日市は開催されるんですが

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake02.jpg

今日は開催日じゃないのでめっちゃ閑散~。

人っ子ひとりいないので不気味でした……。

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake08.jpg

さて、それではいざインデイン寺院に向かって

なだらかな上り坂になっている参道を歩いていきます♡

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake04.jpg

本堂にたどり着く前の道中では、

いい感じに荒廃感溢れる仏塔の遺跡を見ることができます♡

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake07.jpg

ギンギラのパゴダも派手で好きだけど、

やっぱり年月と共に崩れて寂れた遺跡もワビがあって好き♡

ここインデインにあるパゴダ、ストゥーパは

約12~13世紀頃にはすでに完成していたそうなので、

だいたいバガンと同じ頃からここにあるんですね!!

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake13.jpg

木に侵食されたパゴダもたくさんあって、

カンボジアのベンメリア遺跡みたい!

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake12.jpg

遺跡のてっぺんに根を張って空に伸びている木って、

一体何を栄養にしてここまで育ったんですかね…。

(※ブッダのパワ~?)

あと、なんか

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake05.jpg

物凄ぇおどろおどろしい巨木が!!!

という感じで寄り道しつつも、

本堂へ続く真っ直ぐな参道の緩やかな上り坂を歩きます――

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake10.jpg

参道の脇には売る気ゼロのお土産屋さんが並び、

スカーフとかシャン風衣装とかパペットとかが置いてあります♡

(※店番してる店員の8割は昼寝タイムで爆睡中)

そんな風景の中をテクテクと歩きます――

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake14.jpg

また遺跡があったので写真を撮ります――

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake16.jpg

遺跡すてき~♡♡♡

とか言って気を紛らわせながら、

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake06.jpg

更に歩きます――

更に更に歩きます――

って

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake26.jpg

いつになったら着くんだよ本堂!!!

絶望のドン底にもうすぐで到達しそうになったところで、

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake29.jpg

ようやく本堂の入り口に到着~!!!ゼェッハァッ

(※参道の入口からの所要時間30分)

↑HM達が歩くの遅すぎて後ろからめっちゃ人に追い越されまくった

――さて、こちらのインデインパゴダの特徴は何と言っても

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake19.jpg

おびただしいストゥーパ(仏塔)の大群。

敷地内にはナント1094基ものストゥーパが建てられているんだとか!

ということで早速イキます、

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake20.jpg

ストゥーパ!!!

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake21.jpg

ストゥ――ッパ!!!

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake22.jpg

ストゥゥ~~~~ッパ!!!!

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake23.jpg

ちょっと寺のネコを挟んで、

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake30.jpg

すとぅぅ~~~~~っぱ!!!

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake24.jpg

卒塔婆ぁッ!!!

――という感じでね、

境内にはただひたすら膨大な量のストゥーパが

びっしりと林立しています。


いや、

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake25.jpg

ストゥーパ多過ぎだろ・・・。呆

しかも、本堂の周辺に建てられているストゥーパは

ご覧の通りめっちゃキンキラキンです。

せっかくだからと思って、死ぬほど長い参道に耐えて

頑張ってここまで歩いてきたけど――

正直、

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake11.jpg

手前で見たボロボロのストゥーパのほうが

雰囲気満点で良かったんですけどぉ・・・。ガクッ


Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake31.jpg

「ドンマイ…。」

――ということで、再び

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake32.jpg

あのクソ長い参道を歩いて

さっきの船着き場まで戻ります…。

(※インデイン入口の目の前にも船着き場はあるのに、我々のボートドライバーは

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake01.jpg

なぜか市場を挟んでる少し離れた船着き場をチョイス)

↑だから無駄に歩く距離が増えた

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake27.jpg

かえすがえすも長すぎる参道と遠回りのせいで

マジで息も絶え絶えになったHMたち――

ボートが見えてきたところで、

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake33.jpg

船着き場の横の休憩所で一休み~。

木陰のベンチで冷たいコーラを飲んで、ようやく人心地がついたのですが……

見て下さい、

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake34.jpg

この疲れ切ったHMの顔面をッ!!!震っ

※もはやブリッコする気力すら無い

肉体が限界までイキそうになった状態で大量のストゥーパ見たせいで

あやうく精神離脱するところでしたぁ~。は?

――これでもまだ終わらないインレー湖観光、

果たしてHMは灼熱の太陽にもめげず

最後まで遂行することができるのか!?

(※この時点ですでにマジでヤバイ疲労加減)

「イヤ、」

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake35.jpg

「もうこれ以上イモムシには無理でしょ…。」

・・・・・・

ということで、

ハラハラが止まらない展開はまた明日~。

Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake28.jpg
今日も体力なさすぎるHMブログにお付き合い下さり、ありがとうございました♡

HM♡

HMブログはランキングに参加中!応援クリックするとHMにポイントがINします♡
ここをクリクリっ♡
↓↓↓①
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
↓↓↓②
にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村
↓↓↓③

ミャンマー(海外生活・情報) ブログランキングへ
↓↓↓④

海外旅行(アジア) ブログランキングへ
てか、ヤバくないですかこの猫?
見て下さい、この
Shwe_Indein_Pagoda_inle_lake36.jpg
完全に悟りを開いた半眼をッ!!!

category: タウンジー・インレー湖観光

tb: 0   cm: 0

△top

インレー湖でビルマ猫まみれ!そして恐怖の海老カレー事件発生 

 

昨日は赤坂で用事を済ませつつ、

新宿で新しいメガネを調達してきました~♡

line_talk_myanmar_japan01.png

HMです♡(※左上)

↑日本にいる間、たむやゲネッシュとはLINEのビデオ通話でやりとりしてるんですが、

画面いっぱいに映るゴリラ共の濃すぎる顔面に毎回辟易・・・。

たむ達の側からはどう見えてるのかスクリーンショットで送ってもらったので

それは下に載せるとして、

インレー湖ボート観光の続きイキま~す♡

(※前回の記事はこちら♡



さて、インレー湖最大の観光施設である

「インレーヘリテイジ」へやってきたHM達。

ここでは色々なアミューズメントが楽しめますが、

inle_lake_travel_no2_01.jpg

まずは名物「ビルマ猫ふれあい広場」へ♡

猫ちゃん、どこかな~???

などと探す間もなく、

inle_lake_travel_no2_02.jpg

部屋の中が猫だらけ~~♡♡♡

黒、白、灰色のもっふもふなビルマ猫が

inle_lake_travel_no2_03.jpg

いたるところで自由な時間を過ごしています♡

ということで、

inle_lake_travel_no2_04.jpg

早速おさわりタイム~♡

その辺にいる野良猫とは違って、

毛が柔らかでふっさふさ♡♡♡

inle_lake_travel_no2_05.jpg

ぎゃばい――っ♡♡♡※可愛い

さっきまでは徐々に疲れてきて不機嫌モードでグズッていたHM、

ここですっかりゴキゲンに♡♡♡

inle_lake_travel_no2_06.jpg

とろとろ眠ってるだけの猫ちゃんもいますが、

めっちゃ人懐っこくてグイグイ迫って来る子も♡

猫じゃらしで遊んだり抱っこしたりなでなでしたりして、

大満足~♡♡♡

inle_lake_travel_no2_07.jpg

なんでも、ここのオーナー女性が大変な猫好きで

ほぼ趣味でここまで集めてるそう。

ということでビルマ猫まみれ♡になって癒されたあとは

inle_lake_travel_no2_08.jpg

途中で「見てんじゃねーよ」みたいな猫たんにガンつけられつつ、

通路を進んで次の部屋へ♡

着きましたこちら、

inle_lake_travel_no2_09.jpg

インレー湖水族館でーす♡

まぁ「水族というには小さすぎる部屋ですが、

inle_lake_travel_no2_10.jpg

インレー湖に生息している淡水魚が展示されています。

思ってたよりも充実してるー♡

inle_lake_travel_no2_11.jpg

ナマズもにょ~ん。

ボートの下、湖の中にはこんな生き物たちが棲んでるんだね♡

ちなみに、ついてきてくれたガイドのお兄ちゃんに

「この中で一番おいしい魚はどれですか?」キラッ

あんまり水族館で聞いちゃいけない質問をしてみたところ、

inle_lake_travel_no2_12.jpg

この黒い魚が地元では美味しいって評判なんだって~♡

(※名前は失念)

などと相変わらず色々とアウトなHMさん、

水族部屋館を出て敷地内をぷらぷら~♡

inle_lake_travel_no2_13.jpg

ここではシャン料理のクッキングスクールをやっているそうで

立派な調理室があったり、

inle_lake_travel_no2_14.jpg

こんな素敵なガーデンも♡

キャベツ、紫キャベツ、レタス、トマト、セロリやバジルなど

オーガニック野菜を栽培しているんだって~♡

今にも草かげからピーターラビットが飛び出してきそうなオシャレ加減!!!

さて、

いい加減疲れたのでここでちょっと休憩~♡

inle_lake_travel_no2_16.jpg

なんかめっちゃオシャレな2階のカフェで、

冷たいマンゴーシェイクを摂取♡

inle_lake_travel_no2_15.jpg

一息ついてホッとしたところで、他に全然お客さんがいなかったので

カフェの中をぶらぶら見学~♡

inle_lake_travel_no2_17.jpg

めっちゃ素敵な油絵が売られていたよ♡

これ、やっぱりインレー湖の風景なのかな……♡

と思って説明書きを見たら、

inle_lake_travel_no2_18.jpg

Myeikって書いてあるんですけどォ――!!!

モロにベイの風景画じゃねーか!!!

言われてみればコレ

inle_lake_travel_no2_19.jpg

完全にマサンパ村だよ!!!

(※マサンパ村=ベイ近くの離島にある漁村)

なんでこんなところでコレ売ってんのォ――!!!

とさんざんハシャいだところで、

「ねえ、やっぱお腹すかない?

先にランチしてから午後廻ろうよぉー」


などとHMがワガママを言いだしたため、

inle_lake_travel_no2_20.jpg

急遽近くのレストランに移動~♡

こちらの「Royal Palace」、先ほどのインレーヘリテイジのすぐそばにあるので

わりとひっきりなしに観光客が訪れていて繁盛してました♡

inle_lake_travel_no2_22.jpg

湖ビューの開放的なテラス席は気持ちがよくって、

まだランチタイムだし二日酔いも抜けきってないけど……

inle_lake_travel_no2_21.jpg

1本くらいならイイよねー♡♡♡えっ

ということでF様とビールをシェアしつつ、

inle_lake_travel_no2_23.jpg

お料理を堪能~♡

観光地で湖の上にあるレストランなのに、

そこまで高い値段設定じゃないところも嬉しい♡

inle_lake_travel_no2_24.jpg

お料理もちゃんと普通に美味しいし、

あとは何を頼もうかな~?

とメニューを見ていたHMに、F様がとあるページを指さしました。

「HMさん、ここに『Prawn』って書いてありますよ!

HMさん、海老に飢えてるって言ってましたよね?

せっかくだし海老カレー食べません?」

――HMはそろそろ海老が食べたくて中毒症状が起きそうになっていたし、

確かにメニューには「Prawn」の文字が。

だけど、

お値段まさかの8,000ks。

他の牛カレーや魚カレーと比べて、

あからさまに高すぎる値段設定・・・・・・。

ベイにいる間、

1,000ksや2,000ksのはした金でエビをガバガバ食べてるHMとしては

エビ料理にこんな値段をつけるって、一体…?

と生唾を呑んで悶え悩みましたが、

こんな誘惑を受けたら・・・・・・

HM、頼んじゃう~~♡♡♡

だって、インレー湖では色んな種類の魚が捕れるんだし

海老の1種類や2種類くらい生息してそうだよね?

どんな海老さんが来るのかな~?とワクワクどきどきしながら待つこと数分――

来ました、

これがインレー湖で出される「海老カレー」だッ!!!

ドーン!!!

inle_lake_travel_no2_25.jpg

・・・・・・え?

・・・・・・

――海老、小さーッ!!!

量、少なーッ!!!

(※食べかけとかじゃありません。出てきた直後の写真です)

コレが8,000ksって、マジで言ってんの?

ウソでしょ?

アナタね、

inle_lake_travel_no2_26.jpg

こんなのベイだったら500ksで食べられますよ――!!!

と↑ものすごくウザい顔面になりつつ、一口食べてみると・・・・・・

海老なのに身がモスモスでぱっさぱさ。

これは怪しいぞと思った海老マスターHM、

店員の娘っ子を捕まえて

「これってインレー湖で捕れたエビなの?」と聞くと、

「いえ、これは海のエビです。

インレー湖では細かい海老しか獲れないので」


って……

ここ、

海ねえよ!!!

絶対に干しエビを水で戻して調理しただけだろコレ!!!

そんなものが8,000ksって……

inle_lake_travel_no2_29.jpg

ベイなら4,000ksでコレですよ――!!!

――我々はこれを「インレー湖えび8,000ks事件」と名付け、

この悲劇をもう二度と繰り返さないよう

固く胸に誓ったのであった――。

※その後はいくらFさまから「あ、ここエビあるよ」と誘惑されても、

「ここはベイじゃない・・・ここはベイじゃない・・・」

念仏のように唱えて自らを戒めるようになったHM。

――などとHMがギャーギャーやっている横で、

サッサとお腹いっぱいご飯食べて寛ぎタイムに入ったたむちゃんは

inle_lake_travel_no2_28.jpg

隣の席で堂々と爆睡シエスタ~。

※どこでも寝れるゴリラ

ちなみに、

「さすがに本当にアレが8,000ksはありえないでしょ・・・」

とお会計の明細をチェケラッチョしたところ、

inle_lake_travel_no2_27.jpg

マジでブズンヒン(海老カレー)8,000ks!!!

※↑またもや意地の悪い顔で証拠写真を撮る人

――皆さんもインレー湖で突然エビが食べたい発作に襲われても

そこはぐっと堪えて、

淡水魚かひよこ豆腐の料理を注文するようにしましょう…。



前代未聞の海老カレー事件に見舞われつつも、

まだまだインレー湖の観光は終わりません!!!

次回、

さらなるインレー湖の魅力に迫りますッ♡

続きはまたあ・し・た♡

line_talk_myanmar_japan02.png
今日もエビ好きすぎるHMブログにお付き合い下さり、ありがとうございました♡

HM♡

HMブログはランキングに参加中!応援クリックするとHMにポイントがINします♡
ここをクリクリっ♡
↓↓↓①
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
↓↓↓②
にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村
↓↓↓③

ミャンマー(海外生活・情報) ブログランキングへ
↓↓↓④

海外旅行(アジア) ブログランキングへ
前に使っていたメガネは
ミャンマーにいる間に物凄い勢いでレンズが汚れすぎちゃって、
眼鏡をかけると逆に前が見えなくなる
という眼鏡にあるまじき状態だったのですが、
line_talk_myanmar_japan03.png
新しいメガネはピッカピカー♡♡♡
(※視力が悪すぎて、
極薄レンズ加工なのにレンズが超分厚い)

category: タウンジー・インレー湖観光

tb: 0   cm: 0

△top

ミャンマー有名観光地の貫禄に震える!インレー湖1日ボートツアー 

 

昨晩は半年ぶりの知人に新宿の某焼き鳥やさんに連れて行っていただき、

激うま高級比内地鶏の焼き鳥を堪能してきました~♡

shinjuku_imaiya_yakitori_06.jpg

HMです♡

焼き鳥っていうと、チープな飲み屋で安酒のみながら食べるのも好きだけど、

shinjuku_imaiya_yakitori_05.jpg

やっぱり高いものって凄い!!!

大ぶりなお肉がぷりぷりコリコリとろとろ~♡

(※高級すぎて1串が普通の4~5倍のお値段)

あと、ウッカリ油断してると

shinjuku_imaiya_yakitori_02.jpg

アスパラだってこんなサイズで出てくるし・・・

※ちょっとしたキュウリ並み

(↑しかもそれが瑞々しくて超柔らかい♡)

shinjuku_imaiya_yakitori_04.jpg

高級なところに行けば値段に見合った高度なサービスが受けられる、

日本ってすごいねー♡♡♡

という感じで

shinjuku_imaiya_yakitori_07.jpg

久しぶりの新宿でキャッキャできて、幸せな夜でした♡♡♡

(※N様、昨晩もありがとうございました♡)

ということで今日もハッピーモードのHM、

今日はいよいよインレー湖の話イキま~す♡

(※前回の記事はこちら♡



さて、がぶがぶにミャンマーワインを呑みまくり二日酔いの翌日は

頑張って早起きして朝7時に集合!!

ホテルまでお迎えにきたボートドライバーさんに

船着き場までは徒歩10分とか言われたんですが、

朝っぱらからそんなに歩くの絶対無理!!※でましたイモムシ

なので

inle_lake_travel01.jpg

ナイスタイミングで通りかかったサイカーでGO♡♡♡

1人500ksポッキリで船着き場までアッという間に到着~♡

inle_lake_travel02.jpg

大通りから少し奥まったところにある船着き場から、

さっそくボートに乗船しま~す♡

わーい、よくインレー湖の写真で見かけるこの

inle_lake_travel04.jpg

「直置きで椅子が並んでる屋根のない観光客用ボート」

乗ってみたかったの~♡※こんなのベイには無い

ということでいよいよインレー湖方面へ出発!

inle_lake_travel36.jpg

川辺にはお洒落なホテルやレストランだけじゃなく

普通の民家なんかも混ざって建っていて、

長閑でいい雰囲気ー♡

inle_lake_travel05.jpg

ニャウンシュエの町といい、インレー湖周辺の施設といい、

良い意味で観光客向けに発展しているけどどこか素朴で、

タイの観光地みたいにスレてない感じが好印象♡


いいねいいね~、ベイにはこれは無理だね~、などとたむと喋ってるうちに

inle_lake_travel06.jpg

景色がドカーンと開けました~!!

これがあの有名なインレー湖!!!

思っていたより水も澄んでいてキレイ~♡♡♡

(※カンボジアのトンレサップ湖の濁り方とは正反対)

inle_lake_travel10.jpg

これだけ現地で「インレー湖」を連呼していれば

ヤンゴンにある湖を「インレー湖」って呼んで恥をかくこともなくなるかな・・・

(※↑インヤー湖とインレー湖をいつも間違える人)

などとアホすぎる己に恥じ入っていたら、

inle_lake_travel07.jpg

なんか前方にものすげえ観光オジサンが!!

観光客の乗っているボートを見つけるとベスポジまで近寄り、

めっちゃナイスなポーズをキメています。

inle_lake_travel08.jpg

「いかにもインレー湖!」っていう漁師ポーズを何パターンかやってくれて、

さらに

inle_lake_travel09.jpg

船底でピチピチしてる釣れたての魚をお披露目♡

特にぐいぐい要求はされませんでしたが、お礼に1,000ksお渡ししました♡

――おじさんも漁師やるより儲かるし、

観光客も素敵な写真が取れてウィンウィン~♡

観光おじさん、ありがとう♡♡♡

こういうの、まだベイにはないもんなぁ~

有名観光地の貫禄をじわじわ感じつつ、


まずは最初の目的地

inle_lake_travel11.jpg

マインタウッゼー(マインタウッ市場)へ♡

5日に1回のペースで開かれる五日市なんですって~。

inle_lake_travel31.jpg

さて、↑の船着き場から村の中をえんえんと歩いて、

さらに竹林の中をどんどん歩くこと20分――

inle_lake_travel29.jpg

「こんなに歩くなら先に言ってよ(怒)」

と罪のない豚ゴリラをなじりつつ

inle_lake_travel32.jpg

マインタウッ市場到着~!!

朝8時半頃ということもあり、地元の人で賑わっています♡

inle_lake_travel14.jpg

漆器やパペット、ジュエリーなどの外国人向けお土産もありますが

基本的にはローカルの人が買い物に来る市場だそうで、

フツーに野菜とか肉とか魚とか

inle_lake_travel16.jpg

巨大な魚の揚げせんべいとか売ってました~♡

(↑ベイでも魚の揚げせんべい作ってるけど全然タイプが違う!!)

inle_lake_travel33.jpg

ベイから買ってくるのを忘れていたチビリョ(姉)へのお土産の乾麺を

ついでに購入したりしつつ、

inle_lake_travel17.jpg

朝ごはんを食べそこねていたので

市場の屋台でシャンカウッスエ(500ks)を食べて、

「やっぱ本場のシャンカウッスエはんぱねー!!!」

とあまりの美味しさに震えたり、

inle_lake_travel34.jpg

例によってたむがお店のおばさんと仲良くなって

なんだかめっちゃ笑顔の写真を撮ったりしつつ、

inle_lake_travel12.jpg

船着き場に戻ります♡

(※帰りはもちろんバイタクに乗りました)所要時間5分以下

さて、再びボートに揺られること30分――

inle_lake_travel28.jpg

陽射しがだんだんヤバいことになってきたので

折り畳み傘でお肌をガードしつつ、

inle_lake_travel18.jpg

次なる観光場所へ!!

まずはこちら、

inle_lake_travel19.jpg

葉巻きタバコ工場~♡

女の子たちが手作業で煙草を葉で巻いている様子が見学できます。

皆さん慣れた手つきでスルスルとあっという間に煙草を巻いていきます♡

inle_lake_travel21.jpg

こちらでは普通のチュロッ(葉巻タバコ)ではなく、

↑こんな材料を混ぜたフレーバーの甘い葉巻も作っています♡

バナナやはちみつ、スパイスなどが絶妙に調合されていて

タバコの葉はほんのちょっとしか入れていないんだって!

だからニコチンやタールも普通のタバコより少ないそう。

inle_lake_travel20.jpg

試しに吸わせてもらったら、

なかなかイケる感じだったので購入~♡

10本3,000ks~って言われたけど

そんなに買っても吸いきれるか微妙なので、あれっ

特別に5本1,500ks分だけ買わせてもらいました♡

ということで次!

(※この日はめっちゃたくさん廻ったので巻き巻きで行きますよ)

inle_lake_travel22.jpg

今度はシャン流の鍛冶屋さんで~す♡

インレー湖には、観光客に文化や工芸品を見せるための

こういう施設がたくさんあるみたいです。

inle_lake_travel23.jpg

お兄さんたちがトンカントンカン♪

3人がかりで鉄を打っています。

お土産販売コーナーもあって、

ここで作られた鉄製品も売られていました♡

inle_lake_travel24.jpg

ミャンマー式手彫りタトゥー用の針なんかもあって

タトゥー男たむが大興奮~♡

※↑「これ買う!」って言いださないかハラハラした

inle_lake_travel25.jpg

一緒に写真撮ってくれたりして、優しいおじさんでした♡

ということで次!

次にやってきたのは「Inle Heritage(インレーヘリテイジ)」

inle_lake_travel35.jpg

こんな立派なHPもある、

超すごい観光客向け複合施設なんです♡

inle_lake_travel30.jpg

中には色々体験できる場所があるらしいので、

早速はいってみましょう~♡♡♡

inle_lake_travel27.jpg

こぎれいな施設内はエキゾチックな雰囲気でオシャレー♡♡♡

↑キレイに塗装したサイカーが展示されていたりして、

これは観光客がヨダレ垂らして喜ぶヤツ!!!

inle_lake_travel26.jpg

――次回、

HMが猫にまみれて大興奮!!

そして

湖上レストランのヤバすぎる●●カレーに衝撃が走る!!?

続きはまた明日~♡

shinjuku_imaiya_yakitori_01.jpg
今日は早送りなHMブログにお付き合い下さり、ありがとうございました♡

HM♡

HMブログはランキングに参加中!応援クリックするとHMにポイントがINします♡
ここをクリクリっ♡
↓↓↓①
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
↓↓↓②
にほんブログ村 旅行ブログ ミャンマー旅行へ
にほんブログ村
↓↓↓③

ミャンマー(海外生活・情報) ブログランキングへ
↓↓↓④

海外旅行(アジア) ブログランキングへ
ところで、さっきママが
こんなコンサートのチラシを持ってきたんですが――
shinjuku_imaiya_yakitori_08.jpg
あれ?
この人・・・・・・
shinjuku_imaiya_yakitori_09.jpg
完全にHMと同じワンピース着用してるんですけどー!!!震っ
(※他人の舞台衣装とHMの普段着が同じというヤバさ)

category: タウンジー・インレー湖観光

tb: 0   cm: 0

△top